株式会社JSK

燕市のものづくりは分業制で、主に一つの工程を一つの会社が担うといったスタイルで進め
られます。そのため一つの製品を作るのに複数の企業が関わっており、小さな企業が力を合
わせて一つのものを作り上げるところ、また企業間の密接なつながりが燕のものづくりの特
徴かつ強みであるといえます。

その中で株式会社 JSK は、プレスや溶接という方法で
金属を加工する会社です。

 

 

プレスとは……金型で抜く、曲げる、穴をあける加工のことです。 

 

溶接とは……複数の部品をくっつける加工のことを言います。 

 

平成 30 年 6 月 19 日から 22 日の4日間で実施されたインターンシップに新潟大学工学部の2年生2名を受け入れました。

インターンシップについて社長の神保さんからお話を伺いました。

インターンシップを初めて受け入れたことについて
学生のインターンシップに参加する目的は将来働きたい職種の下見かもしれないが、今まで興味のなかったことでも新しいことを知るきっかけになればいいなと思い、受け入れを決定しました。

インターンシップ参加学生に求めることとは
意欲的に前向きに、自分の興味や学んでいることに関係なく素直に一生懸命頑張ることです!!

インターンシップの内容 

【4 日間のスケジュール】

1日目 AM つばめいとプログラム

PM 社長による企業概要説明・簡単な作業 ( 焼き肉用トングのプレス加工の体験 )

2日目 AM 取引先視察(三条市 外山産業 株式会社)

PM 取引先視察(燕市 土田工業 株式会社/櫻井精機 株式会社)

3日目 AM 取引先視察(三条市 株式会社 野島製作所)

↑取引先視察で企業間の横のつながりを理解できる! 

PM 社内 HP についての現状理解と好事例の調査

4日目 AM 自社の HP の改善案についての検討→社長の前でプレゼン

PM 改善案をもとに、実際の HP の修正作業

最終日には学生が加工体験を行ったトングをプレゼントしました! 

自分で作ったものが形になることの嬉しさ、ものづくりの楽しさが伝わって欲しいです。

 

株式会社 JSK の魅力とは
・従業員が少ないからこそ全体の動きが把握でき、一人一人に気を使える。            アットホームな雰囲気で全員が協力して仕事を行うところ。

 

 

ものづくりの仕事のやりがい
・自分たちが作ったものが店頭に並んでいたり、実際に使われていたりするのを見たとき。
・自分が作ったものだ!!とうれしい気持ちになる。

 

社長の声
興味がなかったとしても初めから決めつけずに前向きに素直に頑張ることが大事です!
どんな仕事にもやりがいはあります。

【企業情報】
株式会社 J・S・K
〒959-1241
新潟県燕市小高6047番地
TEL:0256622840/FAX:0256634362
e-mail god-keep@jsk-since1950.com
HP:http://press-jsk.com/

 

 

↓↓↓株式会社JSKの企業情報はコチラ↓↓↓

株式会社JSK