管理栄養士を目指す学生が調理器具現場を学ぶプログラム

 

管理栄養士を要請する大学に通う学生が

仕事で使用する器具を知り、将来に生かす知識をつけるためのインターンシッププログラム。

(参加企業)

(株)新越ワークス、サミット工業㈱、㈱オダジマ、㈱宮﨑製作所、㈱藤井器物製作所

 

【このプログラムでできること】

ユーザーと製造元とのつながり

調理器具の製造工程

 

<インターンシッププログラム>

 

DAY   スケジュール内容 目的
1 AM 新越ワークス

事業全体の説明

企業全体の理解

 

「調理器具」の企画設計から製造まで一連の流れの理解

製造工程での体験

 

夕飯は他のプログラムに参加している学生と社長と。

昼食
PM 調理器具部門での研修
2 AM 燕市の産業について理解  

燕市産業史料館、地場産業振興センターの見学で

燕市が現在のような業態になったのかを理解する

 

製造現場を見学

いずれも「鍋」の製造現場を見学。

同じ「鍋」でも個々の企業によって、

企画~製造工程に違いがあることを学ぶ

例)OEM、自社ブランドなど

 

昼食

 

(燕ラーメン)

PM 藤次郎

サミット工業

オダジマ

企業見学

3 AM 宮﨑製作所

藤井器物製作所

 

もう1件「鍋」の製造現場を見学。

高級鍋のブランディング

 

オプション:好きな調理器具が「ボウル」

→ボウル製造メーカー・藤井器物製作所を見学

他の学生と協働で新規事業についての検討と、

3日間の振り返りを共有

 

昼食 (燕ラーメン)
PM 新越ワークス

新規事業について検討

3日間の振り返り