【受入企業の感想】㈱大泉物産

【受入企業の感想】

㈱大泉物産 代表取締役社長 大泉 一高 様

どのような企業ですか?
 燕市自体が洋食器の街なので、金属加工を代々おこなっている企業です。私で4代目になります。洋食器以外にも建築、外食産業などの調理用品も取り扱っています。みんな大泉物産はスプーンやフォークのイメージが強いので他の製品の話をすると驚かれるんです。父の代から下請けでは面白くないと自社ブランドを立ち上げ、それを引き継ぎました。今後は自社ブランドとテーブルトップに力を入れ新しい商品を生み出していきます。ステンレス製の箸置き・カトラリーレスト・一輪挿しなどその人の気分や用途に応じて多様に変化する商品「OH!」を販売予定です。


インターンシップ受け入れ経験は?
今までまったくなかったですが先輩の紹介もあり、試しに取り入れてみることにしました。学生を受け入れてみて、一つひとつを真剣に見て学び、多くを吸収しようという真面目さに驚きました。そんな若々しい雰囲気が懐かしくて、つい自分の若いころを思い出してしまいますね

インターンシップのメリットは?
今までは私やそれなりに経験を積んだ社員で企業説明をしていました。でもインターンシップを取り入れることで、若手社員も企業内容を説明する機会をもてたことが特に良かったです。他にも人の出入りがあることで自発的に整理整頓する社員が増え社内が綺麗になったと思います。

 


インターンシップとの付き合い方
若者達にものづくりの工程を見てもらい、手間をかけて作られているという実感を得て欲しいと思っています。あと現場で検品などの作業を共に行うことで働くことの大変さや楽しさを一緒に感じていきたいです。