新潟県立大学 1weekインターンシップに密着!!

新潟県立大学
1weekインターンシップに密着してきました!!

9月2日から1週間、新潟県立大学学生2名が課題解決型インターンシップに臨みました!
今回、学生2人がインターンシップに訪れているのは…

江部松商事株式会社

江部松商事株式会社は、業務用厨房用品機器を取り扱う総合商社です。
レストランなどの洋食から割烹などの和食、病院などの調理施設などにおいて、調理に必要な道具をすべて揃えることができます。

販売している製品の先にあるお客様の笑顔のために、より良い製品の開発、販売に努めています。
また、独自で開発した製品はEBMブランドとして発売中です!

今回のインターンシップでは、
「江部松商事がどういう会社か、購入してもらうためにはどこをアピールするかという飲食店向けの資料を作る」という課題があります。

こちらが今回のインターンシップ課題解決のための1週間のスケジュールです。

このような流れで課題の資料を作成し、最終日の5日目に社員・社長さんに発表するそうです!

2日目の資料作成の様子です。

このように学生二人が社員の方に相談しながら、課題をどのような方針で進めていくのかについて取り組んでいました。

学生からでた質問は、
「自社ブランドとは?」「一番人気の商品は?」「自社ブランドの商品にメーカーさんの名前は載せないのか?」など…

課題に向けて真剣に考える学生たちと、社員さんの真摯な対応がとても印象的でした!

 

こちらの会社のインターンシップは、若い社員の方が担当になることが多いそうです。インターン生と若手社員が一緒に学び、一緒に成長していくことを目標としています!

質問があって分からないことがあった場合には、知っている方に聞きに行く姿も見られ、社内の雰囲気も仲が良く温かみのある印象を受けました。インターン生と話している間も和気あいあいとしており、とても楽しそうでした♪