早稲田大学地域連携ワークショップ(成果発表!)~関係人口の増加を目指して~

早稲田大学と燕市、つばめいととの協働事業

「早稲田大学 地域連携ワークショップ」が2020年1月から実施され、

3月12日に成果発表会が行われました。

 

当初、成果発表会は燕市で行われる予定でしたが

新型コロナウイルス感染症予防の観点から、

学生たちは早稲田大学のキャンパスからプレゼンテーションを行い、

燕市側ではつばめ産学協創スクエアにて発表を聞きました。

 

今回は「燕市の関係人口を増やすためには」というテーマで発表を行いました。

 

学生達はこのテーマについて調査を行う段階で

燕市内の中学生、及び高校生にアンケート行い、「燕市への愛着」という観点で

燕市の若者から関心を持ち続けてもらうための施策を考案しました。

 

傍聴席には燕市の企業の皆さん、燕市役所職員の皆さんが集まって、

学生たちによるしっかりとした調査と、それに基づいた施策案に刺激を受けていました。

 

また、学生たちから発表された内容はすぐにでも事業化できそうなアイデアもあり、

具体化に向けて早速動き出したものもあります。

 

引き続き、アイデアの実現に向けて進めていきたいと思います!!