【学生からの感想】ハウスウェアメーカーで企画~製造を学ぶプログラム

今回インターンシップを申し込んだ新越ワークスでは、企業概要の説明から始まり、ハウスウェア部門の商品企画から、キャンプ用品部門の組み立て、ペレットストーブの事業部がピザ窯の製造に至るまで、様々なことを教わりました。

 

 

まず、新しい製品を作るときは「自分が作りたいと思う製品を作る」のではなく、お客様のニーズを意識し、コンセプトをしっかり定めることが大切だと学びました。また、自分や仕事や製品を通してお客様にどうなって欲しいか考えて仕事をすることが大切だと教えていただきました。

 

製造は一つの会社が機械によって大量生産しているというイメージでしたが、様々な企業によって、そして、、一つ一つ製造しているという事が新しい発見でした。そして、製造についての知識を深めることができ、この業界への興味を持つことができました。

 

実際に製造の現場で体験し、組織の中で働くという事が理解できました。今後は、自分がどう動くことによって、組織に貢献できるか、プロジェクトを効率的に進めていけるのかを考えて行動していこうと思います。

 

また、燕市については少しは知っていましたが、産業史料館などを見学することによって、燕市のものづくりの仕組みや強みなどを深く知ることができました。それにより、燕市や製造業についての興味が大きくなりました。

更に、「つばめ産学協創スクエア」での宿泊体験は、他大学のことや就職活動についての意見交換を学生同士で行うことができ、良い経験となりました。

 

 

今回の経験を今後の就職活動や大学生活に生かしていきたいと思います。

 

↓↓↓こちらの学生さんが体験したプログラムはこちら↓↓↓