【学生からの感想】つばめいとインターンシップ

今年の夏はつばめいとでもインターンシップを受け入れ、多くの学生が一緒に働いてくれました!

インターンシップの学生の活動内容は、燕市内の企業へと取材に出向き、学生目線で魅力的な記事を作成することです。その記事はHPに実際に掲載しております。

インターンシップを終え、学生の皆さんから嬉しい感想が届きましたのでご紹介いたします!

 

 燕市はものづくりが盛んだということは耳にしたことはありましたが、実際にものづくりの現場や働いている人達を見て、とても熱いものを感じました。特に、企業間の密接な関係は燕市独自の素晴らしいものだと思いました。

次は小さな企業の持つ専門分野の高度な技術が、最高に素晴らしいものを創り出すまでの過程を、実際に自分の目で見て感じたいです。

 

私は公益社団法人つばめいとで8月27日~31日までインターンシップに参加しました。私にとって初めてのインターンシップで、最初は不安が大きかったです。しかし終わってみるととても充実した5日間でした。

このインターンに参加志望した理由は、私が地元の新潟県で将来働きたいということ、そして就職活動をするにあたって働きたい職種が現段階で明確になっておらず、様々な企業を見てみたいということです。

つばめいとは、学生と企業をインターンシップで繋ぐ会社で、正直私の全く興味のなかった分野です。新しいことに挑戦することで新たな視点が得られると思い今回のインターンに参加しました。

業務内容は、ホームページに掲載する協力企業の紹介ページ作成とその企業のインターンに参加した学生にインタビューするというものでした。

このインターンで多くの人と話をする機会があり、人の繋がりの大切さを学びました。今は直接関係ないことかもしれないけど、いつかこの出会いをきっかけにどこかで自分に良いこととして還ってくるのだろうなと感じました。進路を決める良い手掛かりになりました。

 

 
この度は、つばめいとのインターンシップに参加させて頂き、誠にありがとうございました。

食器やカトラリーなど、燕市の製品にたくさん触れる事ができ、1日という短い期間ではありましたがかなり有意義な時間を過ごさせて頂きました。

プレゼンテーションでの質疑応答では、様々な質問や意見を頂き、貴重な経験となりました。

この経験を活かし、大学での授業や就職活動に繋げていきたいと思います。
ご多忙の中、ご指導頂きありがとうございました。

 

 





 

なかには「今度は記事を書くのではなく、ものづくりの企業でインターンシップをやりたい。」と言う学生も!

嬉しい限りです!!

つばめいとでは、学生の皆さんに合わせたインターンシッププログラムを提供します。

いつでもご連絡ください。

学生達の記事はHPの参加企業一覧・インターンシップ・プログラムで紹介中です!

 

↓↓↓学生が作成した記事はコチラ↓↓↓

参加企業一覧

インターンシップ・プログラム